何を審査されるの?クレジットカードを持つための条件とは

審査、という言葉を聞くと何もやましいことがなくてもドキッとしてしまいますよね。クレジットカードを作る時、必ず審査をされて通るか落ちるかが決まります。落ちた場合は当然ながらクレジットカードは手に入れられません。

クレジットカードの種類によっては、WEBで仮審査をしているところもあります。でも、仮審査に通ったとしてもあくまで目安なので本審査の通過を約束するものじゃないんです。

クレジットカードの審査対象は3つ

ちなみに、クレジットカードで審査の対象になるのは主に3つです。返済能力、過去に延滞があるか、資産を持っているかです。クレジットカードで買い物をした場合、後払いになります。この辺の認識が甘い人がいますが、支払いが済むまでは借金なのです。クレジットカードを使用した人に支払い能力がなければ、カード会社が損をしてしまいます。

そのため、審査時にもっとも厳しく見られるのが返済能力と言われています。返済能力として勤務先や勤続年数が見られるようです。例え給料が良くても勤続年数が1年未満の人と、給料は低いけど勤続年数が長いという人では、驚くことに給料が良い方が落とされるという場合もあります。

過去に延滞をしたことがないか、という点もクレジットカードを作る上で重要視されている部分です。1度や2度の場合は深く考えなくてもいいかもしれませんが、延滞が日常的だとその人に対する信用がなくなってしまいます。延滞していても支払っているから大丈夫、と考える人もいますが、自分に置き換えてみましょう。

友人にお金を貸して、毎月返済する約束をしていたけど、相手は支払日に返済したためしがないという場合、その人に対して信用を置けますか?過去に延滞をしたことがないかを重要視するのは、これと同じです。

カード会社は申込者を信用してクレジットカードを作ります。クレジットカードを所持するということは、カード会社から信用されているという証です。その信用を裏切らないようにしましょう。

持ち家の人は審査に有利

資産についてですが、不動産所有をしている場合は審査上で有利になると言われています。その理由として、もし返済が滞った時の担保として考えられるからです。金銭的な支払い能力がなくても、担保を取ることでカード会社も損をしないということになります。

ただ、ローンが残っている場合はこれに限りません。毎月住宅ローンの支払いがあるということは、一部のカード会社にとっては不利に動くと言われています。その理由として、申し込み者に更なる返済が出来る余裕があるのか、と見られてしまうからです。

クレジットカードの審査時に通るための最低基準は、延滞などの事故情報がないこと、安定した収入、勤続、居住年数が1年以上というものがあります。ですが、今までクレジットカードやローンを利用したことがない人、いわゆるホワイト状態でも審査に通りにくいと言われています。その理由として、自己破産などをしたからではないかと疑われてしまうからです。

ただし、カード会社には通過のための目安は予想出来ても、はっきりとした明言はされていません。つまり、ほぼ通過するだろうと思われている人でも何かが引っかかって通らないということもありえるのです。はっきりと明言することで対策を取られる可能性もあるので、審査基準はあやふやなままなのでしょう。

ETCカードやキャッシングを利用するか

ETCカードとして使うか、キャッシングの有無によっても審査基準が異なるという噂もあるようです。高速道路をよく使う人は、ETC機能を付帯させてもいいかもしれませんね。年会費無料のおすすめETCカードを作るなら「厳選」ETCカードおすすめ比較!年会費無料ですで沢山紹介されています。

最後に気をつけたいのが、申し込み書類で嘘を書かないことです。中には気づかれないだろうと嘘を書く人もいます。バレてしまうと、その人の信用がなくなってしまうので気を付けてください。