エアコンのリモコンの電池を取り換えてみた話

エアコンのリモコンの電池を取り換えてみた話

毎日ものすごく暑いですね。特に今年は命にかかわるくらいの猛暑といっても言い過ぎじゃありません。そこで大活躍するのがエアコンです。熱中症予防という名目で、今年はエアコンをONにする基準をかなり甘くしております。設定温度は27~28℃で一応省エネには気を使っていますが、果たして今月の電気代がどうなるのか恐ろしいです。

電気代の話はおいといて、ですよ。エアコンのリモコンを見たら液晶の表示がかなり薄くなっていたんです。実は去年から気づいていました。いや、おととしもそうだったかも。要はここ数年のうちで、リモコンの電池を取り換えた記憶がないんです。電池切れかけてるなと思っていたのですが、私すごくずぼらな性格なので、まあいいか、とほっておいたんです。

実際、リモコンのボタンを気合を入れて「えい!」と押せばエアコンが「ピピッ」と反応してくれます。でもここ数日、リモコンの反応が明らかに悪くなってきました。リモコンとエアコンとの角度、ちょっとでもずれると反応しません。リモコン片手に、腕を伸ばして斜めに構えたりする姿はさながら戦隊ものの変身ポーズです。

ひとり滑稽なポーズを繰り返すうちにやっと決意しました。そう、リモコンの電池を取り換えよう、と。リモコンの裏ぶたを外すと、単四電池が2本、行儀よく並んでいました。見たこともないパッケージの電池、もしや買ったときから一度も取り換えてなかったのかもしれません。なぜ、電池を取り換える決意をしたのか。滑稽なポーズのせいだけではありません。

7月、大阪で大きな地震がありましたよね。うちの地域もかなり揺れたんです。そこで、非常時のために電池を買い溜めしていたんです。換えの電池のアテがあったんですね。わざわざリモコンのために電池を買いに行くほど私はマメではありませんよ。なんて、思いを馳せているうちに電池の交換はあっけなく終了です。

どれどれ、液晶を除いてみるとはっきりくっきりした「28℃」の文字が表示されていました。滑稽なポーズをとらなくとも、余裕で電源ONになります。なんならエアコンに背を向けてリモコンを押しても反応します。いや~、快適、快適。こんなことならもっと早く取り換えておくんだったなと思いました。たかが電池、されど電池。自分のずぼらさをちょっと反省したのでした。

エアコン掃除

Comments are closed